学校だより 9月号

■充実の2学期に■
 夏休みも終わり、いよいよ今日から第2学期。子どもたちは「おはようございます」と、いつものように挨拶をしながら登校しました。過ぎゆく夏に一抹の寂しさを感じつつも、どの子も元気いっぱいです。久しぶりに顔を合わせるクラスメイトとともに、夏休みの思い出話に興じていました。
子どもたちが夏休みを大過なく過ごすことができましたのも、保護者の皆様・校区の皆様の温かいご支援とご指導のたまものと心から感謝とお礼を申し上げます。夏休み中には、たくさんの方々のお世話になり、ラジオ体操や地蔵盆等の取組を進めていただきました。
 勉強や研究にこつこつと取り組んだこと、自然や様々な人とふれあったことなど夏休みならではの体験は、2学期の大きな力になると思います。暑い夏に流した汗は、必ず大きな力、大切な財産となっているはずです。
 2学期は、毎日の学習はもちろんのこと、夏休みの作品展、運動会、校内マラソン大会、駅伝大会や小学校合同音楽会等多くの行事が予定されています。それらを通し、「がんばりと充実の2学期」にしていきたいと思います。
 子ども達が一つ一つの取組を大きな節目として成長し、個性の発揮や自己実現の機会となりますように教職員一同精一杯努力してまいります。
 保護者の皆様、校区の皆様の一層のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

■272通りの成長を■
  
   天候不順。この言葉を聞かない日がないくらいです。気温はどんどん上がるのですが、からりと晴れあがることのない夏。ものすごい湿度でした。真夏だというのに洗濯物がなかなか乾きません。関東や東北では連日の雨。農作物の高騰。そしてひどい集中豪雨。
  今年は、「オホーツク海高気圧」というのが居座ったようで、北のほうでは「やませ」に悩まされました。冷害のパターンです。
  そんな中、秋は一歩一歩近づいています。お盆が近くなると、アブラゼミに代わりツクツクボウシの声が主役になりました。近頃は、秋の虫が鳴いています。さあ、2学期が始まります。
  秋を見つけようと、中庭やグラウンドを歩いてみました。紫色のクズの花。大きくなった栗の実。ドングリの実も大きくなっています。出始めたススキの穂。辺りには、アキアカネも飛んでいます。やはり季節は進んでいるのですね。
「おや?これはゲンノショウコのはずだけど・・・。」
  ゲンノショウコ。胃腸病に効く薬草で、「すぐに効き目を現す」という意味でゲンノショウコという名前がついたのだそうです。漢字を使って書くと「現の証拠」ですね。古くから日本の民間薬として用いられました。食あたり、下痢、慢性の胃腸病、便秘などに効き目があるそうです。
  ゲンノショウコと言えばピンク色、と思い込んでいました。でも目の前にあるのは白。五枚の花弁が真っ白なのです。そんなはずはない、これも、天候不順の影響か?
  
  早速図鑑を引いてみました。
『花期は7~10月。東日本には白い花が多く、西日本では赤紫色の花がふつうである・・・・。』
  この白いゲンノショウコは、関東型なのです。関東型と関西型のちょうど境目が茜ケ丘を通っているのでしょうか。
  中庭の倉庫わきには、ツユクサが咲いています。あまり日の当たらない所に、きれいな青い花を咲かせています。秋の澄んだ空のように真っ青な花は、とても印象的です。
  大きな真っ青の花びらが2枚、上に向かって伸びているように見えます。でも、ツユクサの花びらは3枚。小さな花びらが、下に向かって開いているのです。この花びらは、まっ白。青ではなく、白なのです。1つの花に色の違う花びらがある。とても変わっています。いろんな植物があるもんだなあ、と感心します。
  さて2学期。子どもたちが学校にもどってきます。色々な個性を持った子どもたちです。272通りの個性です。ゲンノショウコやツユクサの及ぶところではありません。真っ青な秋の空に、272通りの個性が、どのように輝くのでしょうか。
  子どもたちとともに充実した2学期をつくりだしていきたいと思います。    


■資源回収、お世話になりました。■

 未明まで雨が降り、心配された天候も、6時にはすっかり止み、秋を思わせる涼しい風が吹く絶好の日和となりました。

 土曜日にもかかわらず、たくさんの皆様にお世話になり、無事、資源回収を終えることができました。地域の皆様にもたくさんの資源を提供いただき、ありがとうございました。
 

■大雨など、緊急時の対応についてご確認ください。■

不安定な天候が続き、30年に一度、50年に一度というような豪雨が降り、災害にあわれた地域も多かったこの夏。これから秋にかけて、台風の季節ともなります。

 再度、気象警報が出たときの対応について確認していただきますようお願いします。

1 始業前(午前7)に舞鶴地方に「暴風警報」「大雨警報」「暴風雨警報」のいずれか一つでも発表されたときは、自動的に自宅待機となります。登校させないで家庭で待機させてください。この場合、分団連絡網、メールやホームページでの連絡は、基本的に行いません。気象情報に十分ご留意ください。

 ○ 午前11時までに「警報解除」となった場合、5校時より授業をいたします。昼食をすませて、午後1時に集合場所に集まり、登校班で登校させてください。この場合、分団連絡網、中小セーフティネットメールでの連絡やホームページの掲載をします。

 ○ 午前11時を過ぎて解除になった場合は、そのまま休校とします。

2 児童が学校にいるときに、「警報」が発表された場合は、状況を見て集団下校を行います。中小セーフティネットメールでの連絡、ホームページの掲載でお知らせします。

 ○ 分団担任が集合場所まで引率します。ただ、複数の班を引率しますので、迎えが可能な保護者の方は、集合場所近くまで来ていただきますようお願いします。

 ○ 児童は、提出いただいた緊急時帰宅先に帰ります。学校待機としている家庭については、なるべく早く迎えに来ていただきますようお願いします。

 日頃から気象情報には十分ご留意いただき、メールやホームページのチェック等もお願いします。

 警報発表時の対応についてはこちら

■運動会は、10月8日(日)に実施します。■

2学期に入り、運動会に向けての取り組みが始まり、9月中旬からは本格的に運動会の練習が始まります。今年度は10月8日()に行う予定です。107()には前日準備をお世話になります。

 雨天の場合は順延をします。その場合の日程は以下の通りです。お弁当の準備等、お世話になりますがよろしくお願いします。

Copyright(C) 舞鶴市立中舞鶴小学校. All right reserved.