学校だより 10月号

■充実の10月に■
 秋を迎えました。桜は早くも葉が色づき始めています。グラウンドのイチョウは、たくさんの実をつけ、独特のにおいを放っています。秋雨前線や台風による雨で、すっきりしない日々が続いていましたが、秋らしくからりと晴れあがる日も増えてきました。運動会が近づき、秋本番を迎えています。
10月。一年のうちでも一番過ごしやすい時期になりました。今、学校は、運動会の練習一色です。体育館からは、踊りの練習に励む中学年、低学年の声が聞こえてきます。組体操の練習では、高学年ならではの引き締まった空気が感じられます。運動会という大きな行事を控え、子どもたちの気持ちも高まっているようです。
食欲の秋、スポーツの秋、学問の秋。実りの秋にふさわしい10月となるよう、力を尽くしたいと考えています。今月も、よろしくお願い申し上げます。

■場とタイミング■
  
  川の土手の遊歩道。よく利用する散歩道です。川面には、ついこの間までの暑さが嘘のような風が吹きわたっています。
  秋だな、と少しだけしんみりしながら歩いていると、気になる光景が目に飛び込んできました。
  土手の横にある工事現場。3階建てのアパートの工事が進んでいます。足場が組まれ、危険防止のための青いネットが張り巡らされています。
「こんなところに、ヤブガラシなんてからまっていたっけ。」
  足場のネットにヤブガラシがからんでいるのです。2メートルくらいの高さにまでツルが這い上がっています。つい4、5日前までは、全くそんなことはなかったのに。なんという成長ぶりでしょう。文字通りあっという間にツルを伸ばし、葉を茂らせているのですから。
  
  ヤブガラシ。ブドウ科ヤブガラシ族の植物。藪を覆いつくし、枯らしてしまうほどの繁殖力を持つため、この名前がついていると言われています。旺盛な繁殖力を持っているのは確かなのですが、まさか数日間でこれだけ伸びるとは。
  ヤブガラシは今、実をつける季節を迎えています。だから、少しでも葉を伸ばし栄養を作らないといけないのでしょう。工事現場のネットという格好の「場」を見つけ、一気にツルを伸ばしたに違いありません。何しろ他の植物と競争することなく、日光を独り占めできるのですから。もうすぐ紫色の実をつけるヤブガラシ。ぴったりの「場」が良いタイミングで見つかったというわけです。
  学校は今、前期から後期への節目を迎えています。今日は、後期児童会本部役員の立会演説会がありました。精一杯考え、練り上げた演説が行われます。
  5時間目。いよいよ立会演説会です。さすが6年生、どの候補者も落ち着いています。が、よく見ると・・・・・・Tシャツの裾をいじっている子がいます。指先で膝をしきりにたたいている子がいます。みんな緊張しているのです。間違えたらどうしよう。せっかく覚えた原稿を忘れてしまうかもしれない。大きな声が出るだろうか。全校児童の前で演説をするのですから緊張するのも無理はありません。まさに緊張の極致。
「ぼくは、○○に立候補した○○○○です。今、中舞鶴小学校の様子を見てみると・・・・・・」
「わたしは、○○に立候補した○○君の応援者、○○です。○○君はとても明るく・・・・・・」
  いざ演説を始めると、みんな堂々としています。大人顔負け。さすがですね。あれだけ緊張していても、立派にやってのけます。緊張し、不安だからこそ内容を練りに練り、練習を重ねたのでしょう。そして追い込まれながらも努力を重ねたからこそ、立派にやり遂げられたのでしょう。まさに、「ひと山乗り越えた瞬間」です。子どもたちの表情は、やりとげた充実感にあふれていました。
  1年間の節目となるこの「タイミング」。児童会本部役員選挙という「場」。これらが与えられ、思い切り背伸びをしたからこその充実感。この充実感の中で、子どもたちは確実に成長したに違いありません。「場」と「タイミング」の大切さを実感したひと時です。
  運動会という「場」。日々の授業という「場」。そして背伸びをさせる「タイミング」を大切に努力を重ねたいと思います。
  10月も、よろしくお願いします。


■見て、聞いて、考えて、学びを深めます。■

◆舞鶴市水産課「魚の出前授業」(3年生) 9月22日◆
 身の回りの社会について学習を進める3年生。舞鶴市水産課から講師をお招きし、舞鶴の漁業についてお話を聞きました。

定置網のことや丹後とり貝のこと、舞鶴近海で獲れる魚の種類などの話、写真や模型、クイズなどを交えて教えていただきました。また、毎日の給食にも舞鶴の新鮮な魚がたくさん使われていることも学びました。
 この日は多くのお家の方にも出前授業に参加していただきました。食卓で魚の話をしていただいたのではないでしょうか。ありがとうございました。
 

◆ふるさと学習事前学習(6年生) 9月28日◆

 舞鶴市では、全小学校の6年生がふるさと学習として、引揚げ記念館に行き、語り部の方に話を聞いたり、展示物を見たりして引揚げの歴史について学びます。本校6年生も、10月に引揚げ記念館に行って学習するのを前に、学芸員さんに来ていただき、事前学習を行いました。
 「トウキョウダモイ(日本に帰ろう)」と言われ、シベリアに連れていかれた60万人の抑留者、マイナス30℃を下回る厳寒の地での強制労働、おにぎり一つと塩水を温めただけのスープという厳しい食糧事情などに戦争の悲惨さを、また、引き揚げてこられる方への、舞鶴市民の「自分よりも引き揚げてこられた方へ」との思いやりにあふれた行動の数々に舞鶴市民の温かさを感じた子どもたちでした。

実際にシベリアで使われていた上着や靴などの貴重な資料も見せていただき、重くて冷たい上着を着て、強制労働させられていた方の苦労に思いを馳せていました。
 

◆後期児童会本部役員選挙立会演説会 9月29日◆

 運動会に向けた取り組みを進める中で、一方では、後期児童会本部役員選挙に向けての準備も選挙管理委員会を中心に進めていました。そして9月29日、立会演説会と選挙を行いました。

選挙権があるのは3年生以上ですが、児童会の大切な行事です。全校児童が集まり、立候補者の決意、そして応援演説を聞きました。
  自分が実感した「応援の力」をもとに仲間を大切にすることを訴える候補者。グラウンドで元気に遊ぼう運動、次の授業の準備をしよう運動、中舞っ子班で作品作り、児童会報告タイムなどを提案する各候補者。みんなが笑顔で安全に過ごす学校づくりのために考えていることを大きな声で堂々と発表しました。するどい質問にも丁寧に答えていました。後期の活躍が楽しみです。

◆夏休み作品展 9月23日◆
 今年もそれぞれ工夫を凝らした夏休みの作品がずらりと並びました。おうちの方にアドバイスをいただきながら、一人一人がんばって仕上げた作品。各教室では、どの子も満足げに作品について発表する姿が見られました。ありがとうございました。



■運動会に向けて 全力・協力・あきらめない!
             優勝目指せ! 中舞っ子■
 912()結団式を皮切りに運動会の練習が始まりました
 
各色の団長を中心にした応援練習、中舞っ子班で作戦を練りながら練習に臨む児童会種目、低学年・高学年それぞれの団体種目やリレーの練習、それぞれに力いっぱい取り組んでいる子どもたち。2回の全校練習でもきびきびと動く姿がたくさん見られました。
 各学年の演技・競技種目の練習も大詰めに入ってきました。どの学年も一人一人が目当てを持って真剣に取り組んでいる様子が見られ、頼もしいです。運動会練習の疲れがたまらないよう、食事や睡眠をたっぷり取らせ、健康管理をお願いします。また、当日(10)も弁当の準備、応援などよろしくお願いします。
 


■環境整備作業、ありがとうございました。■
 曇り空とはいえ、暑い中、本当に多くの皆さんに参加いただき、校舎内の窓ふき、保育所からの坂道や和田方面へ抜けるあかね峠の草刈りをお世話になりました。PTA本部役員の皆さんには、作業後の冷たいものの準備もお世話になりました。
 おかげさまで、子どもたちは草が刈られてすっきりした坂道を通り、そして気持ちのよい教室で学習に励んでいます。ありがとうございました。
  


■運動会は、10月8日(日)です。■

 9月中旬からは本格的に運動会の練習が始まっています。今年度は10月8日()に運動会を実施します。10月7()には前日準備をお世話になります。
Copyright(C) 舞鶴市立中舞鶴小学校. All right reserved.