学校だより7月号


■いよいよ7月、もうすぐ夏休みです。■  
 7月になりました。蒸し暑い日が続きます。
 いよいよ学期末。1学期もあとわずかとなりました。5、6年生の力ですっかりきれいになったプールからは、子ども達の歓声が響いています。
 6月には、4年生、5年生の社会見学、交通安全教室など多くの行事を実施しました。本日(6月30日)は、地域懇談会、創立記念日の行事などを行いました。子どもたちは、様々な取組の中で力いっぱい活動し、貴重な成果をあげることができました。一つ一つの取組を成功させ、友達と協力しながら自分の力を伸ばしています。
 7月には、水泳教室や個人懇談会も計画しています。そしていよいよ夏休み。子ども達は、真夏の日々を各家庭や地域で生活し、いろいろな体験を通して様々なことを学ぶことになります。1学期をしっかり締めくくることができますよう、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

■個性と本質■

  5月号で、オオバコを取り上げました。
  オオバコは一風変わった茎を持っています。太く短い茎。とても丈夫な茎。長い進化の過程で茎を省略してしまったかのように見えます。でも、この茎があるからこそ、「踏みつけ」に耐えることができるオオバコ。踏みつけられても平気だからこそ、ほかの植物が生きることのできない道端やグラウンドで生きていくことができるオオバコ。競争相手がいないところでたっぷり日光を浴びることができます。そして、花を踏みつけられることで種を遠くへ運んでもらいます。個性的な形は、オオバコが生きるために必要なことでした。オオバコの生き方の本質にかかわる個性です。
      
  6月半ば。ひばり学級の3人は、オオバコに触発され、「変わり者」の茎を探しに出かけました。
  まず、見つけたのがこれ。ヤブガラシです。ブドウ科の植物。ツルを伸ばす(ツル性の)雑草です。普段なら何気なく見過ごしてしまうヤブガラシですが、「茎」にこだわると、とても面白い植物に見えてきます。そう、普通の植物に比べ、極端に茎が細いのです。立派で丈夫な茎をのばし、葉を広げるのではなく、太さの代わりに「長さ」を求めています。細く長く。当然自分だけの力では、体を維持できません。だから、何かにつかまり、巻き付くことでどんどん上のほうへ葉を伸ばし、日光を独占します。
     
  実はこのヤブガラシ、発芽する時期が5月。ほかの植物よりもかなり遅く芽を出します。普通ならほかの植物の陰になって、日光を受けることができません。でも、細いツルを伸ばし、見る見るうちに他の植物にからまって、日光を受け取れるところまで葉を伸ばします。それからあとは、伸び放題。茎の太さを省略していますから、先へ先へとのびるのです。しまいには藪を覆いつくし、ほかの植物を枯らしてしまいます。「ヤブガラシ」の名の所以です。ヤブガラシの生き方は、細長い茎をもっている、という個性と切っても切れない関係にあるというわけです。
  さあ、面白くなりました。次に見つけたのはフキの茎。
        
 え、フキの茎?フキに茎ってあったっけ? 葉っぱのつけ根のあの部分?いえいえ、それは、葉の柄。葉柄です。では、フキノトウに茎があるの?いやいや、あれは、全体が花。ではどこに?
  そこで地面を掘ってみました。すると出てきた出てきた、茎は地中にあるのです。地中の根から葉を伸ばし、春先には花を咲かせます。光合成で作った養分を茎にため込み、春になると花を咲かせたり葉を伸ばしたりする。そして、何年も何年も生きていく。これがフキノトウの生き方です。
  個性的な部分、とても変わった部分にこそ、その植物の生き方が現れています。個性的な部分にこそ、生き方の本質が見えるというわけです。
  個性的に見えるところ、変わり者のように見えるところ。そのようなところに、その人の本質が見える。これは、人間の場合にも当てはまりそうです。みんなと同じように。みんなと協調して。そんなところにばかり目を向けるのではなく、個性的な部分に潜むその子の本質に目を向けることこそ大切なのだと感じるエピソードです。 


■交通安全に気を付けて!■
  夏休みを1か月後に控え、行動範囲も広がるこの時期。警察や交通安全推進の皆さんにお世話になって、1年生と3年生には交通安全教室を、4年生には自転車運転免許教室を行いました。

 ◆交通安全教室!
 

□1年生
 6月11日(月)の2時間目に、舞鶴警察署の方に来ていただき、1年生交通安全教室を実施しました。まず、絵カードを使って交差点の安全な渡り方について教えていただきました。安全に通行するにはどうすればいいかを考えることができました。
 その後、体育館に作られた模擬交差点を使って、実際に全員が交差点を渡る体験を実施。信号機の見方や、左右の安全確認の仕方について学びました。  


□3年生
 6月15日(金)には、3年生の交通安全教室を体育館で実施しました。
 3年生は、まず、交通ルールや安全な自転車の乗り方についてお話を聞きました。その後、体育館に準備されたコースを使って、実際に自転車に乗って学習しました。

□4年生

  4年生は、交通ルールの基本を学ぶ学習、そして、体育館にテープで道路を描き、信号機や駐車中の車、ブロック塀などを設置しての実技学習を行い、テストで確認をしました。
 自転車は左側通行というのはもちろんのこと、道路で自転車に乗るときには必ず右後方を確認すること、信号や交差点で止まって発進するときには、右左、前後を見て進むことなど基本的なことを指導していただきました。
 普段自転車に乗っている子も多いのですが、確認を忘れてしまい、何度も指導される一幕も。丁寧に確認しながら自転車に乗り、実技テストに臨んでいました。しっかりルールを守って、安全に過ごしてほしいと思います。
 自転車をお貸しいただいた皆さん、ありがとうございました。

 地域の皆様、保護者の皆様には、いつも児童の登下校の様子を見守っていただき、ありがとうございます。
 学校では、毎月15日を「安全の日」にし、全校で安全指導を実施しています。6月は、傘の差し方や横断歩道の歩き方について安全指導を行いました。登下校や地域において、児童が安全な生活を送れますよう引き続きご支援ご協力をよろしくお願いします。

 ◆水泳学習スタート
 32名の方が参加されました。家庭科室での全体会では、衛生的で安心安全な給食調理の工夫について本校栄養教諭からの説明を聞いていただきました。その後、給食室の見学がありました。調理の様子を熱心に見学されていました。

□プール掃除
 6月8日(金)5・6時間目にプール掃除を実施しました。5年生と6年生が力を合わせてきれいに掃除してくれました。 
 本校プールは、すぐ近くに山があるので、落ち葉も大変多かったです。1年間使っていないのですから、汚れも相当なものでした。スポンジやブラシを使ってごしごしと真剣に磨きました。
    

□プール開き
 6月19日(火)、プール開きを行いました。5・6年生がきれいに掃除してくれたプールを会場にして実施しました。
 まず、水泳学習の際に気を付けること、がんばることなどの話を聞いた後、6年生有志による模範水泳がありました。さすが6年生。全校児童の見守る中で、クロール、平泳ぎ、背泳、バタフライの4種類の泳ぎを見せてくれました。全校児童は、6年生のきれいで速い泳ぎを見て、上手に泳げるようになりたいという意欲が高まっていました。 保護者の方には、水泳学習に向けての準備や児童の体調管理、水泳カードの記入、押印などお世話になります。安全で楽しい水泳学習になるようご協力をお願いします。

 ◆中舞いっ子班、スタート
 1年生から6年生まで、学年の違う児童がグループを作り、年間を通して活動を行っています。グループは赤組、黄組、青組の3色各5班あります。例えば「赤組1班」や「黄組5班」というように分かれています。これらのグループのことを「中舞っ子班」と呼んでいます。
 ここでは、高学年はリーダーシップや責任を持って活動することの大切さを学べます。また、低学年は、高学年の姿から学ぶことができます。とても有意義な活動です。
 今回は、今年度初めての班別の顔合わせ会でした。6年生が各班のリーダーになり、会の進行をしました。みんな自己紹介をしました。そして班でゲームをして楽しみました。
 一年間たくさん中舞っ子班で活動します。児童の活躍が楽しみです。 


■ありがとうございました!■

6月30日の、学習参観、地域懇談会、救急法講習会、音楽集会へのご参加、ありがとうございました。
 とりわけ、PTA役員様にはお世話になりました。
 重ねて、御礼申し上げます。

Copyright(C) 舞鶴市立中舞鶴小学校. All right reserved.