平成30年度修了式を挙行しました。(3月22日)

今日は、学年最後の日です。
朝一番で、平成30年度修了式を行いました。
 

校長講話
   みなさん、おはようございます。
  今日は、一年間のしめくくりの日です。これまでは、1年生から6年生までがここにいたわけですが、今日は、6年生の姿がありません。そう、昨日、卒業したのです。これは、ただ、人数が少ない、ということではありません。全員の学年が一つ上がるのだ、ということです。5年生は6年生として、学校を背負い、引っ張っていかなければなりません。何かにつけ、6年生としてどうなのか、6年生にふさわしい行動ができたのか、ということを問われるのです。4年生はいよいよ5年生です。高学年の仲間入りです。3年生は、4年生になり、中学年を引っ張っていく立場です。まだ3年なんだから、では済まなくなります。2年生は、「低学年」にさようならです。責任、ということがついて回ります。1年生は、君たちより小さい人が入学してくる、ということを考えなければなりません。これまでお世話してもらっていたのが、お世話する側に回るのです。しっかりしてもらわなければ困ります。たけのこ学級のみなさんも、もちろん、一つずつ学年が上がります。日々やるべきことをしっかりがんばりましょう。
  一年をふり返ると、いろいろなことがありました。
  ひばり学級では、毎日の学習に一生懸命取り組みました。野菜を作ったり、6年生を送る会の劇を作り上げたりしました。一輪車大したものです。みんなの力を合わせ、色々な取組に力を発揮しました。自分を信じて一生懸命課題に取り組み、確実に力を伸ばしたと思います。
  一年生は、ひらがなを習うところから始まり、漢字を80字も学習しました。足し算や引き算もできるようになりました。中保育所や中舞鶴幼稚園の友達と一緒に、生活科の勉強をしました。楽しかったですね。2年生は、かけ算を習いましたね。国語や生活科でもいろいろな学習をして、力をつけました。友だちに優しくすることも学びました。けじめをつけることも学びましたね。九九の学習では、苦労しましたが、みんな合格することができました。歌声も、とっても良くなりました。3年生は、いろいろなことに一生懸命取り組みましたね。朝の勉強や掃除など、自分たちで考えて行動できるようになったと思います。モチモチの木や、ちいちゃんの影送りなど、一生懸命読み取りましたね。電気や磁石の学習も楽しかったですね。先生と一緒に、いろいろなことに挑戦し、立派な中学年になりました。4年生は、勉強も難しくなりました。勉強だけでなく、学校生活の中で自分自身が何をしていかなければならないのか、しっかり考えることが多くなったと思います。とてもきれいに合唱できるようにもなりました。防災について調べましたね。オズの魔法使いも、とても楽しかったですよ。担任の先生が言われることをよく聞き、力を伸ばしています。もう、高学年になる準備がきちんとできていますね。5年生は、この1年でずいぶん「大人」に近づいたな、と思います。いろいろなところで、一生懸命取り組みました。まじめに頑張れる、というのはとても大切なことです。6年生を送る会では、全校をまとめ、自分たちで計画し、立派にやり遂げました。6年生になっても忘れないでください。国語でのひとり読みや話し合い、これは、何ものにも代え難い宝ものだと思います。合唱もとても上手です。6年生になり、学校中をまとめ、これまで以上の中舞鶴小学校にしてほしいと思います。
 
  一つずつ学年が上がるみなさん。みなさんは、新しい学年で大いに力を発揮できると思います。自分を信じてよいと思います。わたしがみなさんを見ていて、確信することです。自分を信じ、友だちとしっかりつながり、堂々と発言し、思い切りがんばりましょう。「これだけしておけばいいだろう」ではなく、それからまた一歩前に進んでください。決められた線、ここまではやろう、という線を、たとえ半歩でも超えてください。「背伸び」と「ジャンプ」です。4月からもがんばりましょう。4月、第1学期の始業式に、元気な顔を見せてください。



平成30年度第140回卒業証書授与式を挙行しました。(3月20日)

すっかり春めいた青空の下、第140回卒業式を行いました。
卒業生45名は、小学校での全課程を終え、立派に巣立っていきました。
 

校長式辞
   日に日に春らしくなる季節です。校庭では桜のつぼみがふくらんでいます。
  この春の佳き日、舞鶴市立中舞鶴小学校第百四十回卒業証書授与式を挙行いたしましたところ、ご来賓の方々、保護者の皆様のご臨席を賜り、厳粛に執り行うことができますこと、高壇からではございますが厚く御礼申し上げます。
  卒業生四十五名のみなさん、ご卒業おめでとうございます。今みなさんが手にした卒業証書は、小学校のすべての課程を終えたという証であり、様々な思い出や努力の跡が込められたものです。
  思い返せば六年前、大きなランドセルを背負って入学したみなさんですが、周りの人々の愛情に包まれ、今では、こんなに大きく成長しました。この間みなさんは、毎日の学習を積み重ね、多くの人々と出会い、多くの体験を経て多くのことを学んできました。
  皆さんとの出会いは四年前のことでした。あの頃のことを思い出すことはありますか?どんなことが思い出されますか?手洗い場の蛇口がとれ、水が噴き出し、あたりが水浸しになったこともがありましたね。大喧嘩をしたこともありました。ほめられたこともありました。三年生になったばかりの皆さんは元気いっぱい、やんちゃ盛りでした。でも、がんばるべきところはがんばることのできる、まじめな皆さんでもありました。
  四年生になると総合的な学習の時間が本格化しました。田んぼをつくり、田植えをしました。熊本地震の支援のためいろんな活動を行いました。校庭の端に生えた竹を見て、竹のことをいろいろ調べました。竹の切り口から水が取れること。竹を利用していろいろなものを作ることができること。竹で作ったものをもって福祉施設を訪問しました。そこで、お年寄りと交流し、人に喜んでもらうことの値打ちを実感しました。舞鶴をアピールする活動、引き揚げについての研究。交通安全について。防犯について。いろいろな機会をとらえて発表もしました。そのたびに、実社会で活躍しておられる方々とのつながりができました。教科書の中の学習だけにとどまらず、実際に動いている実社会とのかかわりは、皆さんに「学ぶこと・追究することの価値や楽しさ」を教えたはずです。「勉強」って、無理にがんばるという印象がありますが、ここで体験した学習は、学ぶということが持つ、本来の楽しさがありましたね。そう、学ぶことは楽しく価値のあることなのです。
  日々の授業も大切にしてきました。書いて考えることを大切にした国語の学習。面白い実験。自分の頭で考え、自分の目標をもって本気で追究することの価値。少しがんばれば、新しい世界が見えてくること。様々なことを学んできました。
  この四月からのことを振り返っても、たくさんの思い出があります。
  六年生になったばかりのみなさんは、これから最高学年の一年間が始まるんだ、と張り切っていました。すべてのことに工夫を凝らし、自分自身の頭で考えようとしました。六年生になったのだという責任感と緊張感を、目の輝きや考え深い行動の一つ一つに感じることができました。
  五月には、修学旅行に出かけました。想像以上の大きさだった奈良の大仏。歴史を感じさせる風格に驚きました。大阪城の巨大な石垣。天守閣の最上階から見える大阪城の規模の大きさに改めて驚きました。USJでは、思い切り楽しみました。班ごとに行動し、楽しい中にも規律ある態度を見せました。担任の先生のズボンがいつの間にか変わっていたことも楽しい思い出の一つです。
  十月には運動会がありました。やる気に満ちた選手宣誓。声を張り上げ、全力を尽くした応援合戦。そして、ひざに食い込む小石の痛さに耐え、ぬかるみかけた土をものともせず、感動に満ちたフィナーレをつくり上げた組体操。ハイタッチでの退場は、見る人すべてを感動の渦に巻き込みました。さわやかな笑顔にあふれた閉会式。最後の挨拶を、原稿も見ずにとうとうと述べました。あなたたちの中に、学び手としての力、いや、人間としての力が育っていることをを実感した運動会でした。
  合同音楽会では、「ほたるこい」に挑戦しました。ア・カペラでの三部合唱です。毎日続く練習。指揮を見つめる眼差し。のどを開き、会場いっぱいに、完璧なハーモニーを響かせましたね。小学生でもここまでできるのだ、ということを堂々と示しました。
  自分自身の頭で考え、計画し、実行する。いろいろなところへ連絡を取る。実際に出かける。真摯に、創造的に、積極的に取り組む。そんな六年生は、全校のあこがれであり誇りです。
  さて今日は、担任の先生方の名前から一文字ずつもらって、お話をしたいと思います。
  まず、「健」という字。人偏に「建てる」ですね。建てる、という漢字のこの部分。これは、筆がまっすぐに立っている様子だそうです。まっすぐにしっかりと立つ。そして延にょう。伸びていく、進んでいく、という意味ですね。しっかりまっすぐに立ち、前に進む。そしてこの字に人べんです。「健」の字は、まっすぐに力強く、のびやかに立ち、どんどん進んでいく人のこと。強さ、たくましさを表しています。
  次に「景」という文字です。「日」という字がありますね。この字は、光に満ち溢れている様子を表します。でもこの字は、本当はもっと複雑なのです。景という漢字は、三づくりをつけると「影」という漢字になります。「景」は、光だけではない「影」という意味も持っているのです。明るいだけでは困りますね。真夏、日影があるからこそホッとできる。夜、光が弱くなるからこそ、ぐっすり眠れる。明るいばかりでは、困ってしまいます。そして、光があるところには、必ず影ができる。物事には、いろいろな側面があるのです。目立つことばかり見ていてはだめだ、いろいろな面を見、広くとらえよう。「景」には、そんな知恵が隠されています。
  最後に「侑」です。この字は、人に働きかける、人を助ける、という意味があります。「有」というのは、ものを勧める形からできているそうです。だから、人を助け、人を支え、人に働きかける。そんな、人と人との関係を表す漢字なのです。
  皆さん、のびやかに立ちどんどん進んでいく強さを持ってください。失敗しても、つまずいても、立て直して進んでいく強さを持ちましょう。そして、物事にはいろんな面があることを知り、明るく目立つところだけに目を奪われるのではなく、柔軟に考えていく賢さを持ちましょう。そして、人とつながり、人を思いやり、人を助ける優しさを持ちましょう。強く、思慮深くなければ生きていけません。そして、優しくなければ生きていく資格がないのです。
  これまで学んできたように、自分の発想、自分の意志、自分らしさを大切にしてください。自分を削ってみんなに合わせるのではなく、自分の発想を確かなものとし、自分らしさをさらに伸ばす中で、周囲と調和することを目指してください。一人一人が、個性的に、自立していくことを心から期待します。
  後になりましたが、ご臨席の保護者の皆様に、一言お祝いを申し上げます。
  本日は、お子様のご卒業、おめでとうございます。心よりお祝い申し上げます。
  入学式の日、つい昨日のことのように覚えておられるのではないでしょうか。ランドセルが歩いているようだと、学校へ出発する姿を見送られたあの日。それから六年が経ち、今日という日を迎えられ、喜びもひとしおではないかと存じます。
  いよいよお子様は、中学生になられ、人生において「激変の時期」とも言える青年期へと、さしかかります。それぞれのご家庭という港から、広い広い大海原へと船出されるのです。目を輝かせ、やる気に満ちた船出。お子様が安心して出発し、荒海に乗り出すことができるのは、いつでも帰ることができる母なる港、母港があるからこそなのだと思います。ペンキを塗りなおし、傷をいやし、エネルギーを補給できる母港があるからこそ、安心して船出できるのです。その母港は、やはりそれぞれのご家庭であり、ご家族であると思います。
  お子様は、山あり谷あり、様々な経験を積まれるはずです。くじけそうになる時も、どうしたものかと迷うこともあるでしょう。そんな時、もう一度、自らの意志と力で大海原に出発できるよう、温かく見守っていただきたくようお願いいたします。
  さよなら、は悲しい言葉じゃない。それぞれの夢へと僕らをつなぐエール。卒業生四十五名を始め、ここに集われたすべての方々へ、心からのエールを贈りつつ、式辞とします。



平成31年度前期児童会本部役員選挙を実施しました。(3月8日)

学年末です。
児童会も、次の6年生へと引き継がれます。
今日は、来年度の本郡役員選挙を実施しました。
自分の考えを述べたり、話を聞いたりする力を育てる絶好の場です。
また、学校生活を当事者として積極的に考える場となります。
  


「6年生を送る会」を開催しました。(2月24日)

今日は「6年生を送る会」。
今日まで練習してきた合唱や合奏、劇を披露しました。
みんなの力で、素晴らしい会になりました。
  


「なかよしタイム」を開きました。(2月14日)

今日は「なかよしタイム」。
5年生からの「総合」の発表や、4年生のダンスなどがありました。
今日も、充実した内容でした。
 


新入学児童一日入学を実施しました。(2月1日)

4月から入学する児童の「一日入学」を実施しました。
1年生と交流したり、学校を見て回ったり、楽しい一日になりました。
 


舗装工事が始まりました。(1月24日)

アスファルトを敷く工事が始まりました。
もうすぐ、完成です。
 


中舞鶴の子どもたちの作品展」を開いています。(1月23日)

中舞鶴小学校、和田中学校、中保育所、中舞鶴幼稚園など中舞鶴の子どもたちの作品展を開いています。
ぜひ、お越しください。
 


「なかよしタイム」を実施しました。(1月22日)

「なかよしタイム」を実施しました。
今回は、給食週間に向けた発表が中心でした。
 


「どんど焼き」を実施しました。(1月15日)

小正月の行事「どんど焼き」を実施しました。
お正月にお迎えした神様を送る行事です。
しめ飾りや書初めを燃やし、今年一年の健康などを祈ります。
 


第3学期始業式を実施しました。(1月7日)

第3学期始業式を行いました。
学校中がにぎやかになりました。


校長講話
  みなさん、おはようございます。まずは、新年のあいさつをしましょう。
 あけましておめでとうございます。
 2学期の終業式で、「しなければならないことを後回しにすると、それは、10倍も百倍も怖い顔になって追いかけてくるよ」と言いました。宿題を後回しにして苦労した人はいませんか。やるべきことは遅れないようにやってしまうのがいいですね。
 さて、3学期です。3学期は、次の学年への大切な準備の期間です。短いのですが、しっかり頑張らなければなりません。
 1年生。もうすぐ2年生ですね。「まだ、1年生だから仕方ないね。」では、すまなくなります。しっかり、自分の頭で考え、自分で動くことのできる2年生になれるよう頑張りましょう。
 2年生。もうすぐ3年生です。もう、低学年ではありません。3年生では、自分の頭で考えられるようにならなくてはいけません。責任もついて回ります。頑張らなければなりませんよ。
 3年生。4年生になりますね。今、前の列にいますが、後ろの列になるのです。しっかりしなければ、1年生、2年生の人たちに笑われます。
 4年生。いよいよ高学年です。学校全体を引っ張っていくのです。委員会にも参加します。学校の中心として、頑張ってもらわなければなりません。
 5年生。次は6年生です。学校の中心です。そして、3学期は、6年生を送る会や児童会本部役員など、実際に最高学年として活躍してほしいと思います。
 さて6年生。もうすぐ1年生ですね。ぴかぴかの一年生になってほしいと思います。一段大人になります。しっかり頑張れるよう、この3学期、準備をしておきましょう。
 これで始業式尾の話を終わります。




第2学期終業式を実施しました。(12月21日)

第2学期終業式を行いました。

 
校長講話
   みなさん、おはようございます。今日は二学期の終業式です。明日からは、楽しい冬休みですね。
  2学期の始め、始業式の時にどんなお話をしたか覚えていますか?
  時間は、「前(過去)」と、「今」、そして「これから(未来)」の3つにわけることができる、と言いました。このうち、「前(過去)」は変えることができません。昨日やってしまった失敗を、昨日に帰ってやり直すことなんてできませんね。また、未来はこれからのことです。1年後のことを今やってしまうことなんてできませんね。でも、「今」は変えることができるのです。「今」努力し、「今」をさらに楽しく値打ちのあるものにできるのです。そしてさらに大切なことは、「今」が積み重なって「これから(未来)」を決めるのです。今、頑張らず、いつ頑張るのですか?頑張るのは今ですね。2学期、頑張れたでしょうか。
  さて今日は2学期の終わり、ということで、「にがっき」でお話しをします。まずは、「に」です。これは、「にげない」の「に」です。いろいろな人に囲まれ、また、いろいろな事を経験し、一日一日、成長しています。楽しいことばかりではなく、つらいことや苦しいこと、腹の立つこと、いろいろな事があると思います。でも、逃げていてはだめです。何かから逃げると、その「なにか」は、もっともっと怖い顔になって、追いかけてくるものです。これは、前から言っていますね。「しゅくだいいやだな」と思って先送りにし、逃げていると、たくさんたくさんたまってきますね。これを1日や2日でやってしまうのは、とてもつらいことです。逃げていては、だめ。どうしようかな、と迷ったときは、一歩踏み出すのです。少々苦しくても、無理かな、と思ってもやってみることだと思います。また冬休みは、クリスマスやお正月など、楽しいことが一杯です。楽しいことに流され、やらなければならないことから逃げないようにしましょう。
  次は、「にがっき」の「が」です。これは、・・・・。分かる人?そう、「がんばる」の「が」です。私はがんばる、という言葉の意味を調べてみました。がんばる、とは、「眼張る」から来ているのだそうです。つまり、一つのもにじっと目を見開き、じっと取り組む、ということ。目を見張る、から来ている、という説です。そこから、一所で動かず、じっと何かに取り組む、という意味の「がんばる」が出てきた、というのです。ここには、「粘り強さ」が感じられますね。一つのことをじっくり、やり遂げる、しっかり取り組んでいく、そんなことなのです。私は、がんばる、というのは、結局こういうことだと思います。少しくらい苦しくても、一つのことを粘り強くやりきりましょう。
  次は、「にがっき」の「つ」です。これは、「つうちひょう」の「つ」ですね。みんな、ドキドキしていることでしょう。今日、通知表をもらいます。通知表は、二学期のがんばりをまとめたものです。じっくり見て、書いてあることを読んで、おうちの人と話し合い、自分のがんばりをふり返ると共に、三学期の自分について考えてみてください。
  次は「き」ですね。「気持ち」の「き」です。みなさん、日々、いろんな気持ちになると思います。友だちに何か言われて傷つくことも、逆にほめられたり、励まされたりして温かい気持ちになることもあると思います。みんな、気持ちを大切にしましょう。友だちなど身の回りの人の気持ちを想像しましょう。そして、身の回りの人の気持ちを考え、行動しましょう。いじめはだめですね。当たり前のことです。そして、身の回りの人の気持ちに気づきましょう。私がみなさんに言いたい「き」は、「気づきましょう」の「き」出もあります。人の気持ちを大切に、人の気持ちに気づいて、楽しく温かい友だち関係にしていきましょう。
  では、交通事故に気をつけ、よい冬休みを送ってください。そして、三学期には、元気な顔を見せてください。
  これで、終わります。


道路工事の様子をお知らせします。(12月19日)

擁壁、階段のコンクリート打ちが行われました。

 


道路工事の様子をお知らせします。(12月12日)

工事が進んでいます。
 


道路工事の様子をお知らせします。(11月26日)

コンクリート打ちが終わりました。
 


道路工事の様子をお知らせします。(11月16日)

擁壁の基礎部分を作っています。

 


道路工事の様子をお知らせします。(11月13日)

校門前の工事の様子です。
大きく掘られた部分から擁壁が立ち上がります。
 


市小学生駅伝大会に出場しました。(11月12日)

舞鶴市小学生駅伝大会に出場しました。
グリーンスポーツセンターのコースを力いっぱい走りました。
 


遠足を実施しました。(11月5日)

晩秋の柔らかな日の光に恵まれ、遠足を実施しました。
今日の遠足は、児童会主催。
「なかよし班」で歩き、「なかよし班」で遊びます。
和気あいあい、秋の一日を楽しみました。
  

 

 校内マラソン大会を実施しました。(10月31日)

10月最後の日。気温がぐんと下がり、秋が深まった中、マラソン大会を実施しました。
まずまずの天候に恵まれ、子供たちは一生懸命走りました。
走路員としてお世話になった皆様、ありがとうございました。
  


「聞いて、見て、知りたい集会」を実施しました。(10月30日)

今日は、総合的な学習の時間での取り組みを互いに紹介する
「聞いて、見て、知りたい集会」を実施しました。
オープンスクールということで、保護者の皆様にも参観いただきました。
今日は4クラスが発表し、充実した内容になりました。
  


道路工事が始まりました。(10月25日)

道路工事に向け、準備が進んでいましたが、今日から工事が本格的にスタートしました。

  


マラソンの練習が始まりました。(10月22日)

校内マラソン大会に向け、マラソンの練習が始まりました。
業間、全校一斉に校庭を走ります。
「業間マラソン」です。
自分のペースを守り、しっかり走ります。
 


なかよしタイムを実施しました。(10月18日)

なかよしタイムを実施しました。
前期児童会と後期児童会との引継ぎです。
児童会の前期本部役員が一人一人振り返り、感想を述べます。
そして、校章旗の引継ぎ。
やる気とプライドを、後期児童会に引き継ぎました。
 



運動会の予行を実施しました。(10月2日)

運動会の予行を実施しました。

入退場や応援合戦、全校種目などの手順をチェックしました。
 


後期児童会本部役員選挙立会演説会を実施しました。(9月28日)

児童会本部役員の改選が行われます。
少し前から選挙期間に入っていたのですが、今日は立会演説会。
工夫された、とても濃い内容の演説会になりました。
  


全校練習を実施しました。(9月26日)

雨で伸びていた全校練習を実施しました。
開会式、閉会式、ラジオ体操、児童会種目など、全校で取り組む内容の練習です。
6年生を中心に頑張りました。
 


児童会種目の練習を行いました。(9月20日)

運動会のプログラムには、児童会種目があります。
子供たちが考えた種目です。
今日は、本部役員が中心になって、練習を行いました。
  


避難訓練を実施しました。(9月7日)

避難訓練を行いました。
地震と津波を想定した訓練です。
今日は、始業直後の訓練。
8:35分に緊急の放送が入ります。
この時刻の訓練は、初めて。
子供たちは、戸惑いながらも整然と避難しました。
  


夏休みの作品展を実施しています(8月31日)

恒例の「夏休み作品展」を実施しています。
力作が数多く展示されています。
多数のご来校をお待ちしています。
 


第2学期始業式を実施しました。(8月29日)

いよいよ、2学期が始まりました。
去りゆく夏に名残惜しさを感じながらも、元気いっぱいの始業式です。
 

<校長講話>

 みなさん、おはようございます。
  長い夏休みが終わりました。まだまだ暑い日が続いていますが、2学期のスタートです。今年は、むちゃくちゃに暑くて、太陽の光が痛いようでした。でも、秋を感じることも多くなっています。どうですか、もう秋だなあ、と気づくことはありませんか。
  2学期は、1年の中心となる大切な学期です。9月から12月まで、ざっと4か月あります。それに比べ、3学期は、2か月と少しですね。行事もいろいろあります。早速10月には、運動会です。6年生にとっては、最後の運動会ですね。そのあと、マラソン大会や作品展。駅伝大会、合同音楽会などもあります。なかまいっこ班での活動なども、たくさんありますよ。
  1学期の終業式では、「な、つ、や、す、み」でお話をしました。
  「は」は、「何にでも興味を持とう」の「な」でした。夏休みの研究などを通して、何か興味を持ったことはありましたか?これと言って興味をひかれたことがなったかもしれません。2学期が始まりましたが、まだまだ遅くありません。何か興味を持てることを見つけるといいですね。
  なつやすみ、の「つ」は、通知表をよく見てみよう、の「つ」でした。見るだけではいけません。1学期をふり返ってみましたか。そして、2学期の目標を立ててみましたか?先生が書いてくださった言葉をじっくり読んでみましたか?
  夏休みの「や」は、「やる気」の「や」でした。2学期のスタートですが、ぜひ、やる気をもって2学期もがんばってほしいと思います。
  夏休みの「す」は、進んで手伝いをしよう、進んで挨拶をしよう、の「す」でした。どうですか、挨拶はできましたか?そして今日は、どうですか。挨拶できましたか?
  夏休みの「み」は、耳の「み」です。おうちの人、近所の人の言われることや自然の音に「耳を傾けてみましょう」というお話をしました。注意深く耳を傾けてみましたか?終業式で、八月の終わりになると蝉の声が違ってくるよ、と言いましたが、蝉の声について気づいた人はいますか。学習は、気づくことから始まります。ただ、教えてもらうのを待っていたのではだめですよ。何かに気付き、疑問を持ってみることが大切なのです。自分で疑問を持ち、先生に訊ねたり調べてみたりしたことは、忘れません。ただ教えてもらうのを待っていたことは、すぐに忘れてしまいます。
  長い夏休みが終わりました。その時できることに全力を尽くす2学期にしましょう。時間は、「前(過去)」と、「今」、そして「これから(未来)」の3つにわけることができます。このうち、「前(過去)」は変えることができません。昨日やってしまった失敗を、機能に帰ってやり直すことなんてできませんね。また、未来はこれからのことです。1年後のことを今やってしまうことなんてできませんね。あす、どんなことが起きるのかもわかりません。でも、「今」は変えることができるのです。「今」努力し、「今」をさらに楽しく値打ちのあるものにできるのです。そしてさらに大切なことは、「今」が積み重なって「前(過去)」ができていくのです。そして、「今」やっていることが「これから(未来)」を決めるのです。今、頑張らず、いつ頑張るのですか?頑張るのは今ですね。「今」という時間の積み重ねが「これから」をつくり、2学期を作るのです。そして「今」の積み重ねが、皆さんの一生を作るというわけです。
  「今」をしっかりやることがとても大切です。2学期の終わりには、「よかったな」と言える2学期にしましょう。




第1学期終業式を実施しました。(7月20日)

第1学期の終業式。
暑い中でしたが、元気に1学期を終えました。

<校長講話>
  みなさん、おはようございます。
  とっても、とっても暑い日が続いています。私も、こんなに暑いのは初めてです。梅雨明けが早かったですね。そして、毎日毎日35℃を超えるような気温です。
  そして、7月の初めに大雨が降りました。何日間も大雨が続き、舞鶴でも雨の量が300mmを超えました。15年ほど前に大きな台風が来て、舞鶴でも大変なことになりました。由良川があふれ、岡田小学校のあたりがひどい洪水に襲われました。国道にいたバスが止まってしまい、屋根の近くにまで水が来てバスの屋根に上った人たちがヘリコプターに救助されていました。
  舞鶴でも、何人かの人がなくなりました。
  今回の大雨もあちこちで大変な被害が出ています。
  今日、暑さや大雨の話をしたのには、わけがあります。それは、皆さんに命の大切さについてもう一度考えてほしいからです。大雨が降り、山が崩れる。家のすぐ近くで山が崩れると、これは大変ですね。とても怖いと思いますよ。
  「危険な暑さ」という表現がされますが、こんな表現を聞くのも初めてです。命の危険があるような暑さ、ということですね。
  そして問題なのは、大雨や暑さだけに注意していればよい、というわけではないということです。
  交通事故。海や川、山での事故。不審者。台風が来るかもしれません。いつ、どんなことが起きるのかわからないのです。この後で生徒指導の先生からお話があると思いますが、命を大切にする行動をとってください。交通事故と言えば、3年前、この学校でも大切な友達が一人、なくなっているのです。本当に気を付けてください。
 
  さて、夏休みです。命を大切にすること以外に、こんなふうになればいいな、ということがあります。「な・つ・や・す・み」でお話をします。
  まず、夏休みの「な」です。
  これは、「何にでも興味を持とう」の「な」です。1学期、しばらくの間ザリガニとりが流行りました。そのとき、ザリガニがへったな、と思っていたのです。ところが、今、あかね川をのぞいてみたら、なんと、2㎝か、3㎝くらいの小さなザリガニを見つけたのです。びっくりしました。ザリガニの卵か、目に見えないくらいの赤ちゃんが残っていたんですね。ザリガニの赤ちゃん、びっくりするくらい動きが速かったですよ。すごいな、と思いました。夏休みは、時間があります。何かをじっくり見てみることもできます。お店の様子、自然の様子などをじっくり見ると、とても興味が出てきます。何にでも、興味を持ちましょう。
  次は、夏休みの「つ」です。
  「つ」は、通知表をよく見てみよう、の「つ」です。見るだけではいけません。1学期をふり返ってみるのです。1学期、いろいろなことをしてみましたね。それを思い出してみるのです。そして、夏休みや2学期の目当てを持ちましょう。せっかく学校に通っているのです。自分を伸ばさないと損ですよ。通知表を、自分を伸ばすための道具にしましょう。
  夏休みの「や」は、「やる気」の「や」です。夏休みは、40日間。いろんなことに挑戦することでしょう。野球かもしれません。水泳かもしれません。ピアノやそろばん、習字かも知れません。勉強にも挑戦しなければならないでしょう。何かの工作や研究に挑戦する人もあるはずです。やる気を持って挑戦しましょう。そして、やる気を長続きさせましょう。
  夏休みの「す」は、進んで手伝いをしよう、の「す」です。みなさんも家族の一員です。夏休みは、学校がないわけですから、家で過ごすことになります。自分のできるお手伝いを、進んでやりましょう。これも、大切なことですよ。
  さて最後は、夏休みの「み」です。これは、耳の「み」です。おうちの人、近所の人の言われることに、耳を傾けてみましょう。普段、何気なく見たり聞いているテレビ。これにも、耳を傾けてみましょう。鳥の鳴き声や虫の声にも耳を傾けましょう。今だって、何か音が聞こえますね。きっと、いろんなことに気づけるはずです。夜、虫の声がいろいろ聞こえてきます。夏休みの間に、変わっていきますよ。蝉の鳴き声も、今の蝉の声と、8月中頃になってからの声違いますよ。昼間の蝉と夕方の蝉、違いますよ。鳥の泣き方も違ってきます。家の人の言われることの中に、これはすごいな、ということもあるはずです。聞き上手になってほしいものですね。
  以上、なつやすみ、でお話しをしました。楽しい、値打ちのある、思い出深い夏休みにしましょう。2学期の始業式には、みんな、元気な顔で会いましょう。 



なかよし集会を開きました。(7月12日)

今日は1学期最後の「なかよし集会」。
学校歯科医さんに来ていただき、かむことの大切さなどを教えていただきました。
そのあとは、児童会の目標などについて。
  

  

音楽集会を開きました。(6月30日)

創立記念日にちなんだ行事を行いました。
3時間目には体育館で音楽集会。
これまで練習してきた成果を、精一杯披露しました。
 


プール開きを行いました。(6月19日)

今日は、プール開き。
水泳の季節が始まりました。
ワクワクしながら、水泳を待っています。
 


「なかよし班」の顔合わせを行いました。(6月12日)

1年生から6年生まで、学年の違う子供たちがグループを作り、活動を行っています。
この班を「なかよし班」と呼んでいます。
6年生が中心になってゲームをしたり、集会をしたりします。
低学年は高学年から学ぶことがおおく、有意義です。
高学年は責任感とリーダーシップを身に付けていきます。
今日は、今年度のなかよし班の顔合わせ。
早速ゲームを楽しみました。
 


プール掃除を行いました。(6月8日)

雨の合間を縫って、プール掃除をしました。
1年間の汚れを落とし、きれいなプールがよみがえりました。
 


和田中学校創立記念駅伝大会に参加しました。(5月27日)

恒例の和田中学校創立記念駅伝大会に参加しました。
5、6年生の選抜チームとPTAチームです。
中学生に交じり、全力を出し切りました。
お世話になった皆様、ありがとうございました。
 

 


「なかよしタイム」を実施しました。(5月17日)

今日は、なかよしタイムのある日です。
八時半に体育館に集まります。
◆今月のめあて
◆給食用のエプロンのたたみ方
◆体育委員会からのお知らせ
◆全校遊び
と、盛りだくさんでした。
自分たちで集会を計画し、運営する力が育っています。



体力テストを実施しました。(5月10日)

「体力テスト」を実施しました。
以前は、「スポーツテスト」と呼ばれていたものです。
実施種目や方法がかなり変わっています。
今日は、立ち幅跳び、ボール投げ、50m走などを行いました。
  


「ようこそ1年生集会」を実施しました。(4月20日)

入学式からちょうど2週間。
今日は、「ようこそ1年生集会」を実施しました。
6年生にエスコートされた1年生が入場し、自己紹介をします。
そのあと、みんなでゲームをしました。
楽しくあたたかいひと時でした。
  


避難訓練を行いました。(4月16日)

今年度最初の避難訓練を実施しました。
今日の目的は、避難経路を確認すること。
静かに避難することができました。
 


始業式を行いました。(4月9日)

平成30年度第一学期始業式を執り行いました。
全校児童254名での出発です。
今年度もよろしくお願いします。
 

校長あいさつ

皆さんおはようございます。
 今日は第1学期の始業式です。皆さんは、一つずつ、学年が大きくなりました。春は、いろいろな花が咲き、新しい緑が芽吹き、光があふれる季節です。新しい出発の季節です。希望を胸に、力一杯がんばりましょう。
  昨日は、新しい1年生を迎えました。新しい1年生を迎えると、ああ、一つ学年が大きくなったんだな、と改めて感じますね。
  1年生、入学おめでとう!もう、小学生です。小学生らしく、自分で考え、しっかり頑張りましょう。
  2年生、もう1年生ではありません。1年生にお手本を示しましょう。1年生だから仕方ないな、ではすみません。2年生は、2年生らしくしっかり頑張ってください。
  3年生、低学年ではないのです。中学年ですよ。自分でしっかり考え、責任のある行動をとりましょう。中学年からは、自分で考える、そして行動する、ということが大切なのです。勉強も複雑になります。一日一日、大切に過ごしてください。
  4年生は、中学年のリーダーです。遠足や運動会では、3年生のお手本にならなければなりません。3年生に、行動で示しましょう。自分で考え、自分でがんばるということを行動で示すのです。
  5年生。いよいよ、高学年ですね。いろいろなことが分かってくると思います。考える力も伸びているはずです。委員会なども始まります。お昼の放送を聞いていたでしょう。あんなことも始まるわけです。君たちのがんばりを楽しみにしています。
  6年生、昨日の入学式も、立派に責任を果たしました。自分の頭で考え、自分で行動し、責任ある行動を期待しています。修学旅行があります。楽しみですねえ。何が楽しみですか?運動会もありますねえ。合同音楽会もあります。6年生を送る会では、今度は送ってもらう側です。そして卒業式。どんな気持ちで卒業するのでしょうか。私も楽しみです。  
  今日は5つの「気」のお話をします。
  5つの「気」というのは、やる気、本気、根気、元気、勇気のことです。
  やる気を持っていますか?
  本気で、がんばろうという気持ち、ありますね。
  根気よく、がんばらなければなりません。簡単にできてしまうことなど、あまりありません。じっくりやればいいのです。少しずつでも、前に進むことが大切です。
  いつも元気で頑張る、これも大切ですね。病気にならないよう、注意してください。
  勇気を持って挑戦する。これがとても大切です。
  新しい気持ちで頑張りましょう。



入学式を行いました。(4月6日)

平成30年度入学式を執り行いました。
新入児童43名を迎え、学校がにぎやかになりました。
 

校長式辞
 寒かった冬も去りました。淡い緑色が山々を彩る季節も、もうすぐです。春のよろこびあふれるこの佳き日に、平成三十年度舞鶴市立中舞鶴小学校入学式を挙行いたしましたところ、来賓の皆様には、ご多忙の中ご臨席を賜り、誠にありがとうございます。高壇からではございますが、心より御礼申し上げます。
 
  一年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。今日は、地域の皆様方やPTAの役員の方々など、たくさんのお客様がお祝いに来てくださいました。また、皆さんをお迎えするお兄さん、お姉さん、先生たちが、学校をきれいに飾り付けたり花を生けたりして、皆さんの入学を首を長くして待っていました。あまり楽しみにしていたので、みんなの首がキリンさんのようになっています。
  皆さんは、今日から、中舞鶴小学校の一年生です。元気いっぱい、やる気いっぱいの一年生ですね。四十三名の皆さんをお迎えし、学校も、賑やかになりました。満開の桜を見るようで、とてもうれしいですよ。
  中舞鶴小学校には、面白いことがいっぱいあります。
  あかね川のまわりや校庭の端っこへ行ってみると、「タネツケバナ」という草花があります。今、花盛りだと思います。花が散った後、種ができるのですが、この種にそっと触れてみましょう。すると、種のお部屋がはじくんです。そして、小さな種を遠くまで飛ばします。顔に当たると、びっくりします。おもしろいですよ。ひょっとすると、種がはじく音が聞こえるかも知れません。
  それに、チョウチョやトンボが飛んできます。もうすぐ、でっかいオニヤンマも出てきます。あかね川には、エビも増えてきます。
  遠足もあります。おいしい給食もありますよ。。みんなで遊びます。
  また、優しいお兄さん、お姉さんがいます。毎朝、みなさんが安全に学校に来られるよう、がんばってくれます。お兄さん、お姉さんと一緒に遊ぶこともあります。
  それに、勉強も始まります。ひらがなやカタカナ、漢字を習います。計算もできるようになります。しっかりがんばりましょう。
  さて、学校でしっかりがんばるために、四つの約束をしましょう。
  一つ目は、「よく聞く」ということです。
  先生に教えてもらうこと、友達の意見など、ゾウさんのような大きな耳で聞きましょう。
  二つ目は、「よく見る」ということです。いろいろなものに出会うだろうと思いますが、トンボのような大きな目で、よく見ましょう。
  三つめは、「しっかり話す」ということです。おはよう、さようなら、こんにちは、など、気持ちよく挨拶をしましょう。「ありがとう」とか、「ごめんなさい」とか、ちゃんと言いましょう。
  そして、四つ目はいろんなことに挑戦しよう、ということです。しっかり考え、周りをよく見て、どんどんチャレンジしましょう。
 
  後になりましたが、保護者の皆様、本日はお子様のご入学、おめでとうございます。教職員一同、心よりお祝い申し上げます。
  今日まで、ご家庭で慈しみ、大切に育ててこられたお子様を、本校でお預かりいたします。これからの六年間、お子様が心身ともに健やかに成長されますよう、教職員が一致協力して教育に当たりたいと決意しております。小学校の六年間、身につけなければならない力をしっかりと育て、力強く次の段階へと挑戦できますよう、お子様をはぐくむ決意でございます。
  そのためには、学校と保護者の皆様、地域の皆様が、気持ちを通わせ、子どもたちのため、たがいに協力していくことが何より大切かと考えます。今後とも皆様のお力添えをいただき、ご期待に応える中舞鶴小学校でありたいと存じます。どうか、本校の教育の充実、発展のため、ご理解、ご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げまして、お祝いの言葉といたします。 
Copyright(C) 舞鶴市立中舞鶴小学校. All right reserved.