沿  革

明治  9年  6月25日  豊岡県加佐郡余部下村字川尻の民家を仮校舎に
                   ①余部小学校(児童数46名→以下児童数の文字省略)を創設 
                             余戸(アマベ、アマリベと読む 国郡里を定め、50戸を以て一里、
               50戸に満たないで里を編成することができない残余の戸の意味)
明治19年  5月          ②余部尋常小学校(86名)
明治22年  7月          ③余内尋常小学校の分校
明治25年  1月          ④余内第2尋常小学校(60名)
明治33年  4月          ⑤余部尋常小学校(改称)(143名)
明治34年  9月         現保育所の位置に校舎新築
明治35年  6月  1日  余内村より分立し余部町誕生(257名)
明治36年  4月  1日  ⑥余部高等小学校(現在の運動場)(285名)
明治41年  4月  1日  ⑦義務教育6カ年  余部第1尋常高等小学校(女児  現中保育所) 
                           余部高等小学校を廃し、余部第2尋常高等小学校(男児)
              と改称(576名)
明治43年~44年      第2校に工廠、工業補修学校(672名)

大正  8年11月  1日  ⑧校名変更  中舞鶴女子尋常高等小学校(900名)
                                    中舞鶴男子尋常高等小学校
大正12年  4月  1日  ⑨校名変更  中舞鶴尋常高等小学校(男女校合併)
                                  男子989名、女子861名  合計1850名
大正14年               第6回全国少年野球大会初出場(1490名)

昭和  3年  7月15日  全国より2校の中に選ばれ、東京代々木の野球大会に出場(1543名)
昭和  7年  6月25日  校歌制定  男子879名、女子818名  合計1697名
昭和13年  7月31日  ⑩市制施行により  東舞鶴市中舞鶴尋常高等小学校(1993名)
昭和16年  4月  1日  ⑪国民学校令  東舞鶴市中舞鶴国民学校(初269名、高147名、合計416名)昭和18年  5月27日  ⑫市の合併により校名変更  舞鶴市中舞鶴国民学校
昭和20年  2月28日  新校歌発表
昭和21年  1月20日  学校給食(副食)実施
昭和22年  4月  7日  ⑬国民学校令廃止学制改正  舞鶴市立中舞鶴小学校(1413名)
昭和25年  8月  5日  校章(現)制定(1466名)
昭和26年  2月  5日  完全給食実施(1545名)
昭和31年  1月19日  講堂兼体育館落成  現校歌制定(1882名)
昭和38年  1月22日  全国良い歯の学校表彰(5年連続表彰)(1161名)
昭和39年12月  6日  昭和39年度卒業記念岩石園完成
昭和51年  6月25日  創立100年記念事業(803名)  鉄筋3階建特別教室竣工
(1976年)
昭和54年  8月18日  プール完成
昭和58年  6月         北舎鉄筋3階建落成
昭和60年  3月20日  給食室完成
昭和63年  6月  6日  南舎及び中舎竣工  運動場体育倉庫・便所竣工       

平成  5年  4月22日  現体育館竣工  校舎全面改築記念事業「あかね川」竣工
平成  7年12月15日  運動場球技用フェンス完成
平成16年  8月         北舎・中舎(特別教室)の全面改修及び給食室の全面改修
平成21年12月         プール改修(塗装)
平成23年  2月         体育館渡り廊下改修
平成26年  2月     グラウンド改修工事
平成27年11月27日  国語科研究発表会開催
平成28年 4月     総合的な学習の時間を重点研究に設定
平成29年 2月     花木側のアプローチ道路が暫定開通
平成29年 4月     学力向上システム開発校
               中丹マイスクールデザイン校 に指定

Copyright(C) 舞鶴市立中舞鶴小学校. All right reserved.